Xenoblade(ゼノブレイド)

発売元: 任天堂オフィシャルサイト 発売日: 2010-06-10 価格: 6800(税込) レーティング: B / 12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 90 Amazon点数: 4.5

スコアーボード

Xenoblade(ゼノブレイド)レビューチャート 標準偏差 13.77 難易度 2.30 mk2レビュー数 114
0%
0-9
0%
10-19
0.9%
20-29
0.9%
30-39
1.8%
40-49
2.6%
50-59
5.3%
60-69
11.4%
70-79
22.8%
80-89
54.4%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
90pt

GOOD!

シナリオ、音楽、キャラ、世界観、システム、ゲーム性などすべての要素が高レベルでまとまったRPGです。

特にフィールドの作り込みが素晴らしく、マップ上を探険してるだけでも楽しい。
こんなにも「冒険してる感」を得られるRPGは久々です。

以下5点付けた箇所。
【音楽】
耳にのこるBGMが多いです。個人的にはOP曲と2個目の戦闘曲が好き。

【熱中度】
世界観が素晴らしいので、冒険につい時間を忘れて熱中してしまいました。
シナリオも王道ながら所々“ゼノ”成分を含んでおり、先が気になる展開に引き込まれます。

【満足感】
ゲーム本編だけでなく、マップ探索などの副要素も面白く、気が付いたらプレイ時間100時間超えてました。大満足です。

BAD/REQUEST

チュートリアルを文章だけでなく実際の動きで説明して欲しかった。
自分がバカなだけかもしれませんが、最初魔法使いキャラの操作方法がよくわかりませんでした。

また、アイテムのソート機能が不親切。武器防具の装備画面が非常に見づらい。


でも正直、他の要素が良すぎて悪い点はあまり気になりません。

COMMENT

20型液晶TV、ヌンチャク使用。
シリーズはゼノギアスのみプレイ。

評判が良いのでプレイしてみました。結果その評判に劣らず十二分に満足できました。

ゼノギアスは個性派RPGといった感じでしたが、ゼノブレイドは誰にでもオススメできるRPG。
ゲーム好きならぜひプレイしてほしい作品。

GOODにも書きましたが、冒険・探険が楽しく本当におもしろかったです。
続編でたら絶対買います。

   
プレイ時間:わからない(未クリア)
FF5大好きさん[2012-03-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
90pt

GOOD!

【コンセプト】
洋ゲー的な箱庭系世界と和ゲー的なプレイ目標(メインストーリー)が上手く融合されていた。
構想自体は誰でも思いつけても、それを形にするには膨大な手間が掛かる。
大手メーカーさえ避けて通りがちな手間に敢えて挑み、生き生きとした世界を構築しきったスタッフさんたちに感謝したい。
名無し、名有りともNPCの台詞が驚くほどマメに変化し、プレイヤーが世界に干渉しているという手応えを感じられるゲームを久しぶりに楽しんだ。

【フィールドマップ】
驚くほど変化に富んでいて楽しい。広すぎて操作だるくなるのに、結局マップ中隅々まで走り回ってしまった。景色の良いポイントを見つけ、時間を変化させながらカメラをグルグルしまくった人も多いはず。

【ワープシステム&リトライ】
誇るべき広いフィールドが欠点にならないように、細心の注意が払われている。
こまめに用意されたランドマーク(ワープ出来る場所)をエリアを越えて自由に行き来できる(シナリオ制限中は除く)。全滅のペナルティもほぼゼロ。直近に通過したランドマークに戻されるだけ。基本何処でもセーブできるので、もちろん全滅直前のセーブデータをロードしてもいい。

【シームレスバトル】
見えてる敵にそのまま突撃。すごく自然だ。読み込みがないのも嬉しい。
あまりに流れが自然すぎて、もっとARPG寄りでも良かったんじゃないかと思ったくらい。
自分はアクション下手なので、その場合クリアできなかっただろうけどw
セットするアーツ(技)によって、リキャスト(再使用)までオートアタックで過ごす時間が退屈に感じる人はいるかもしれない。自分は威力よりリキャスト時間短めの、手数で攻めるアーツが好みだった。各技のリキャスト時間を細かく計算して、無駄ないアーツリストを作って悦に入るプレイも楽しいかもしれない。

【キャラクターの性格】
その場その場で適当にかっこいいこと言ってればOK、なキャラがいないのが○。
それぞれがそれぞれの考えを持って発言をしているのが良く分かる。
主人公は主人公らしく少し善人過ぎるきらいはあるが、他主要キャラからツッコミが入るなど、
主人公の行動全てが無条件に絶賛されるわけではないのが良かった。
操作キャラが選択できるので、好きなキャラを操作し、かつ感情移入する、なんて楽しみ方も出来る。
主要キャラみんなが、それぞれ仲間のことを思いやっているのに特に好感が持てる。意見を違えても、相手を理解しようという思いやりに満ちている。

【ストーリー】
奇抜さはないが、とても丁寧に書かれている。
ストーリーのためにキャラの性格がころころと変わったりする不安定さがない。安心してムービーを見ていられる。
ただ、この作品の総監督の他作をプレイ済みの人にとっては、他作の焼き直しを感じるストーリーかもしれない。

【ムービー】
基本的にムービー多用されたゲームはあまり好みではないのだが、このゲームはムービーだけで世界観を語ろうとはしていないので、そんなに気にならなかった。広い世界を好きに探索し、ムービーを見るタイミング(ストーリーを進めるか否か)を自分で決められるのが良かったのかも。
映画的(アニメ的?)な手法って言うのか、見せ方は大変凝っていた。どう描けば格好よく見えるか、とても良く研究されている。
現在装備が反映されるのも○。死ぬほどダサい格好になることもあるけどw

【やりこみ要素】
クエスト、アイテムコレクション、ユニークモンスターと圧倒的な物量に脱帽する。
膨大すぎてコンプリートマニア殺しかもしれないと危惧するほど。一回のプレイではコンプできない要素もあるし、ボチボチ楽しもうとする方が良いかもしれない。
自分は下手にコンプ目指してしまって、プレイ時間が凄い事になってしまった。

BAD/REQUEST

【モデリング】
グラフィックの緻密さはゲーム機の特性上望んでいないが、主人公とヒロインの顔のモデリングは初見時少し気になった。性格が好ましいので途中から気にならなくはなるが、未プレイの人にとってはキャラクターの外見はゲームを手に取るか否かの大事なファクター。少し勿体ない気がした。他の主要キャラの顔の方が安定していたように思えるのは何故なんだろう??

【アイテム関連】
武器・防具・ジェム・結晶はシステム上、ひとつひとつユニーク扱いなのは理解できるので所持数制限は仕方ないのだが、素材は全種類所持できるようにしても良かったと思う。
アイテムソートを毎回実行するのは面倒だった。武器・防具・ジェム・結晶は、チェックマークがつけられる仕様だったら良かった。「既に入手済みで取っておきたいもの」と「最近手に入れたもの」がごっちゃになってしまい、売却時に毎回判断しなおさなければならず、結構手間だった。

【ロード時間】
普段は気にならないが、ジェム作成(作成しなおし)や金色の宝箱(中身がロードごとに変わる)など、セーブ&ロードを繰り返す時にストレスは感じた。そんなセコいプレイをするなと言われれば、まあごもっとも。

【NPCの居場所】
町が広いのと時間によって移動しているので探すのに苦労した。移動は生活感に繋がっているので利点でもあるのだが、現在受注中のクエスト依頼主だけは何らかの方法で簡単に探す術があっても良かったように思う。完了報告のためだけに探し回るのは、クエストの達成感を殺ぐ。
 ・依頼主名
 ・依頼主最寄ロケーション名+方角(一番長く留まっている大体の場所)
 ・依頼主最寄ランドマーク名
 ・依頼主活動時間
ひとつひとつのクエストにせめてこれくらいの情報は欲しかった。

COMMENT

40型安物アクオス(一応HDフル) OR 27型安古ブラビア D端子接続 リモコン+ヌンチャクでプレイ。多少の色にじみはあるが、27型でも文字が見難いという事はなかった。
リモヌンはすぐ慣れた。クラコンは未所持なので比較は出来ないが、説明書を見る限り、アーツ選択はリモヌンの方に利点があるよう。カメラ操作はクラコンがいいのかな?
戦闘する機会の方が圧倒的に多いので、自分はこのままリモヌンでいいみたいだ。
wiiで遊ぶ初ソフトだったので、コントローラにはとても不安があったのだが、このソフトでは杞憂だった。wiiスポーツとかでは……ヘタレはヘタレでそれもまた楽しいw

【総評】
高級でも珍味でもないけど、質と量とサービスに優れた食堂で、色々盛られた日替わり定食を食べた。おいしかった!とてもお腹いっぱいで満足。でも腹が膨れすぎて、昼からまともに仕事できるだろうか……。
このゲームを例えるならこんな感じ。贅沢に堪能しすぎて、これから他ゲー楽しめるのかな…とちょっと不安になる。

設定マニアwと失笑されても、ひとつの世界をとことん作りこんだ製作者たちを手放しで評価したい。
救うべき相手の顔も人格も生活も見えてこないまま、主人公一行だけで世界の危機に立ち向かう物語はもう厭きた。
少々ネタバレになるけれど、NPCたちが連合したとき、「ああ、こいつらも自分の世界のために戦うんだな」と感動した。あんまり見ない展開だったから。そうだよな、NPCだって個性を与えられれば、世界の危機のために何かしたいと思うはず。

システム周りなどに細かいところで気になる部分はあるけれど、それを補って余りある製作者たちの「くらえ!」という全力の情熱と意気込みをあちこちに感じ、プレイヤーとして本当に嬉しく受け止めさせてもらった。どの分野であっても、渾身の仕事っていうのは見てて清々しいね!

   
プレイ時間:わからない(未クリア)
ぶんたさん[2011-04-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: コローニャ レビュー日: 2017-01-20
うさんくさそうなレビューです。
ネタバレはありませんが、どうしても長くなりました。

RPGに必要な要素ってなんでしょう?
広大な世界を巡る冒険? 胸躍る熱いストーリー? 物語を彩る美しいBGM?
魅力的な仲間たちとの絆? 手に汗握る戦闘? 思わずやっちゃうやり込み要素?
・・・ゼノブレイドは、全部ありまぁす!

はるか昔に滅んでしまった、超!巨大な巨神と機神が舞台です。
ここで実験。ちょっとその場に立ってみてください。右足を一歩、前に出しましょう。
そのまましゃがむように腰を落とします。はい!あなたは巨神になりました。
あなたの右太ももの上を、ノミが歩いています。それが主人公たちです!
いかがです?どれだけスケールが壮大か、おわかりでしょう。
主人公の目線になると、遠景には向かい合って立つ機神が、頭上にはその大剣が見えます。
切り立った崖や大きく隆起した地面など、高低差のある立体的な箱庭感が、実にすばらしいんです!

そんな広大なフィールドを、メインストーリーそっちのけで探索!
次はどんなところなんだろう?と、新しい場所に行くたびにワクワクです。
とりわけ落ちた腕ですとか、その最たるものでしょう!
指の先端から風景を見ていると、気の遠くなるような長い年月を感じさせてある種、感動すら覚えます。
フィールドはそれぞれ朝~昼~夜とリアルタイムで変化していますが、
昼と夜とでまったく違う雰囲気になる場所も存在します。
例えば夜のザトール、枯れた木々に光芒が一斉に灯った景色に、僕は一瞬で心を奪われました。
フィールドによっては夕焼けや、雷雨に浮かび上がる機神、幻想的な光芒を包む霧、
橋から望む大瀑布にかかる虹、金色の水晶にふぶく雪といった、ファンタスティックな光景も見られます。
とくにエルト海の流星雨!なんと美しいことでしょう。ぼんやり眺めて気が付いたら朝になっていました!

PS3等でフォトリアルなオープンワールドゲームもプレイしましたが、
ゼノブレイドは現実ではありえない、幻想的な世界を冒険することに、おもしろみがあるわけです。
巨神と機神が作り出す、圧倒的な世界観を。
僕もプレイ中、あちらの世界に行ってみたいと、何度も思いました。
SD解像度だからとか、今さら古いとか言って、プレイしないなんてもったいない!
あなたがRPG好きを自負するなら、ぜひプレイしておくべきです。すばらしい世界が待っています。
え?Wii持ってない?買いましょう! よかった、これで解決ですね。

RPG、特に和製のRPGといえば、ストーリーは非常に大きな要素だと思います。
わかりやすく一言でいいますと、週刊少年うんぬんの漫画のような、熱血ものです。
展開もわかりやすく、それでいて二転三転する物語に、興奮すること間違いなし!
固有名詞乱立でプレイヤーおいてけぼりや、クリアしても謎だらけで考察必至など野暮なことはありません。
ストーリーは監督とアニメ作家の共同執筆で、任天堂スタッフのアドバイスが入るという形が取られています。
また、イベントシーンはその漫画をアニメ化しました、といった感じで、演出が本当に熱い!
一番好きなシーンはやはり、ヴァラク雪山でのダンバンさんの対決と、その後の展開でしょうか。
曲と映像が完璧にシンクロする演出で、これはもう何度見ても飽きません!
ほかにも見どころがたくさんあり、僕は最後まで興奮が抑えられませんでした。
さらにキャラクターグラフィックはマンボ…いえ、ローポリゴンでもじゅうぶん表情豊か。
ストレートなセリフに声優さんのすばらしい熱演もあり、より一層感情移入できます。

テーマは旅立ち、そして巣立ち。古臭く感じるかもしれませんが、世代を超えて普遍的なものでしょう。
高校生や大学生など、親元を離れたり新しい環境へ独り立ちしていく若者向けと思います。
でもオッサンでも大丈夫!
冒険心をかき立てる広大なフィールド探索や、魅力的なキャラクターが織りなす熱いストーリーに、
まるで少年の心を取り戻したかのような、童心にかえった気持ちでプレイできます!
かくいう僕も、ドラゴンクエスト3やクロノトリガーを、
マップすげえ!ストーリーすげえ!音楽すげえ!とプレイしていた当時の自分に、確実に戻っていました。
実はこれが一番、嬉しかったことです。

もうひとつ、ゼノブレイドの大きな魅力に、BGMを挙げたいと思います!
ガウル平原では視界が開けるのと同時に高揚感のあるサウンドが、
燐光の地ザトールではコーラスの入った美しいメロディーが、
エルト海ではその広大な海を思わせるゆったりした曲が、などなど実にバラエティ豊か。
それぞれ昼、夜でも曲調が変わりますし、静かな曲や落ち着いた曲が多いのも個人的にはうれしい。
ギターなどの弦楽器や、ピアノがお好きでしたら、きっとお気に召すでしょう!

とくに帝都アグニラータのBGMは、音楽が感情を持ったかように、心に強く響いてきます。
バイオリンの音色が訴えるように胸に深く入り込んでくるといいましょうか、
ゲームのBGMでこんな気持ちになったのは初めてです。
作曲のみなさんは、RPGのお約束のようなサウンドを崩したかった、とのことです。
どうやら監督から相当なプレッシャーを受けたそうで、彼ら彼女らが本当に心血を注いだ曲だからこそ、
多くの人の心を惹きつけるのだと思います。
フイールドの端まで探索したり、いわゆる絶景スポットを探すのが楽しいのも、このBGMがあればこそ。
一方、戦闘シーンはエレキギターで大白熱&大熱戦です! 穏やかじゃないですね。

主人公のシュルクはお人よしの優等生タイプ、でも熱血漢。
いきなり強いわけではありません。当初の目的は幼なじみの仇討ちですから、それこそ人間らしい。
幾多の苦難の中、運命を変えようと前を向いて進んでいく姿に、多くの方が共感できるでしょう。
それに、仲間みんなに感情移入して、好きになったゲームもめずらしい!
ダンバンさんは格好いいし、カルナは頼れるし、メリアちゃんは凛々しいし。
リキは癒しだし、フィオルンは一途だし、ラインはワイルドダウンだし。

ところで、操作キャラを変えられるのが非常にうれしいところです!
操作キャラを変えるとガラリと戦略が変わりますし、自分で動かせると愛着がわきます。
例えば、ラインなら体力を生かして前線で敵の注意を引き、
メリアちゃんなら補助系のアーツで支援しながら戦況を見る、など。
強い敵と戦うために、キャラの組み合わせや連携を考えながらアーツを組み立てるのも、
時間を忘れるくらいおもしろいのです。

長くていい加減、読むのに疲れてきたと思いますので、そろそろ終わりにします。
イベントごとに街の住人のセリフが毎回変わる、住人にはすべて名前が付いて生活している、
クエストをこなすと住人同士のキズナが広がっていく、選択によって分岐するキズナもある、
ランドマークにジャンプできるので移動が楽、特定の時間だけ光る湖などの細かい演出、
ザコ敵はエンカウントしない、全滅してもペナルティなし、ラスボスより強い敵がゴロゴロ、
戦闘中のキャラの掛け合いが賑やか、キズナトークで仲間の意外な一面が見られる、
悪役がすがすがしいほど悪役、サブキャラクターや敵側にも魅力がある、メリアちゃんカワイイ、
ふつうにプレイしてもクリアまで70~80時間くらい、やり込むと余裕で200時間オーバー、
イベント中以外はいつでもセーブ可能で気軽にプレイできる、2週目は強くてニューゲーム。

なんでこんな世界が、こんな薄っぺらい円盤に入ってるんだ?と、ゲームディスクを眺めてしまう。
作り込みが凄すぎて、もはや書ききれません。
有名なRPGや高評価のRPG、果ては変わり種まで、今まで色々なRPGをプレイしてきました。
しかし社会人ともなると、まともにRPGをする時間なんか取れません。
だから、これが僕がプレイする最後のRPGになってもいい、とさえ思った。

最後に。僕が少年だったら、きっとこう言うでしょう。
ゼノブレイドすげえ!なにがすごいかってとにかくぜんぶすげえ!ゼノブレイドすげえ!

アクセスランキング

マリオカートWii
アクションレースゲーム / 1〜4人用 Wi-Fi、Wiiハンドル、クラコン、GCコン 対応
■価格:5800
■発売日:2008-04-10

大乱闘スマッシュブラザーズX
アクション / 1〜4人用 Wi-Fi、ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:6800
■発売日:2008-01-31

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
アクションアドベンチャー / 1人用 ヌンチャク 対応
■価格:6800
■発売日:2006-12-02

ファイアーエムブレム 暁の女神
ロールプレイングシミュレーション / 1人用 クラコン、GCコン 対応
■価格:6800
■発売日:2007-02-22

Xenoblade(ゼノブレイド)
RPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2010-06-10

スーパーマリオギャラクシー
3Dアクション / 1〜2人用 ヌンチャク 対応
■価格:5800
■発売日:2007-11-01

モンスターハンター3(トライ)
ハンティングアクション / 1〜2人用
■価格:7340
■発売日:2009-08-01

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔
体感アクションRPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2007-07-12

不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜
ダンジョンRPG / 1人用 Wi-Fi、ヌンチャク、クラコン 対応
■価格:7140
■発売日:2008-06-05

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-
響き合う心を信じるRPG / 1〜4人用 ヌンチャク 対応
■価格:7140
■発売日:2008-06-26

レビュー投稿フォーム

【Wii】Xenoblade(ゼノブレイド)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る