Xenoblade(ゼノブレイド)

発売元: 任天堂オフィシャルサイト 発売日: 2010-06-10 価格: 6800(税込) レーティング: B / 12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 90 Amazon点数: 4.5

スコアーボード

Xenoblade(ゼノブレイド)レビューチャート 標準偏差 13.77 難易度 2.30 mk2レビュー数 114
0%
0-9
0%
10-19
0.9%
20-29
0.9%
30-39
1.8%
40-49
2.6%
50-59
5.3%
60-69
11.4%
70-79
22.8%
80-89
54.4%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
90pt

GOOD!

・ストーリー
引き込まれます。とにかく引き込まれます。
何よりありがたいのが難しい造語などがなく、わかりやすいシナリオ。二転三転あり「ええ!?うそっ!?」と思うような熱いストーリーが待っています。否が応でも先を知りたくなるほど熱中してしまう内容です。

・キャラクター
愛せるキャラクターが多数登場します。
敵キャラでもしっかりキャラが立っていて、死んでしまうのが惜しいぐらい良い人物もいました。もちろん主人公パーティーの7人も個性的です。ラインとダンバンはかっこよすぎます。
個人的には単なる街の住人ですらしっかりキャラ設定されているのは驚いた。

・フィールド
移動するだけでここまでわくわくしてしまうゲームは初めてでした。
広大で美しいフィールド。思わずどのフィールドでも高い場所から眺めたくなるほどです。そして「眼前に見える場所はほぼ行ける」のには驚かされました。さすがに行けないだろうと思った場所でも進めるのには思わず言葉を失ってしまった。
配置されている敵モンスターにも意味があるのは嬉しかった。本当にこのフィールドで生活しているんだなと思うほど。特に部族を持っているモンスターはしっかり役付けされていたりします(リーダーや弓兵といった感じ)。

・音楽
非常に場面にあっているものが多いです。
特にフィールド「巨神脚」の音楽は聞き入ってしまいました。

・バトル
ストレスのたまらない爽快感のあるバトルでした。
しかしただ爽快感があるわけではなく油断すると雑魚でさえ苦戦する緊張感もあり、なによりも楽しい。戦うことがこんなに楽しいRPGも初めて。無駄に多くの雑魚敵と戦ってしまった。


他多数ありますが、そこは省かせていただきます。

BAD/REQUEST

正直どれも惜しい部分ばかり。

・アイテム整理
これは他の方も言っていますが、とにかくアイテム整理がしんどい。このゲーム自体かなりアイテムの量が多いので整理機能はしっかりして欲しかった。探しているアイテムが見つからないこともしばしば。

・レベル補正
5以上の差があると攻撃が当たらなくなるのはちょっと。こちらが歯が立たないのは良いとしても、敵からの攻撃が一切当たらなくなるのは緊張感がなくなってしまい少し冷めてしまった。これがボス敵となると「上げすぎてしまった・・」と後悔するほど。ボスがボスじゃなくなります。

・文字
小さいです。説明文を読むのが少しつらかったです。最近のゲーム全般に言えることですが、字をもっと大きくして欲しい・・・。

COMMENT

リモコン+ヌンチャクでプレイ

まさかここまでハマるとは思いませんでした。カンストしたので細かいプレイ時間はわかりませんが、おそらく140時間〜150時間ぐらいはやったと思います。1周プレイでここまで掛かるとも予想していませんでした。大満足の一言に尽きます。
普段自分はRPGをしないのですが、まさかここまで飽きずに長く遊べるとは・・。しかしこれでもやっていない要素が沢山あるので、2周目をこれからまた遊ぼうと思います。

最後に、RPG・アクションRPG好きは必ずやりましょう。また、普段RPGをしないという方にもぜひやって欲しい作品です。むしろそういう方にこそ触れて欲しい。そしてこんなに面白いゲームがあるということを知って欲しいです。

   
プレイ時間:わからない(未クリア)
ノエポイさん[2010-09-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
90pt

GOOD!

●音楽
特筆すべき点はここだと思います。
昼夜で変わるBGM、ユニークモンスターと出くわしたときに流れる戦闘音楽、川や池や海を泳ぐ時などの効果音。戦闘の時の仲間との会話や、レベルが上がった時の仲間の一言。
どれもその時々の場面を邪魔することなく盛り上げてくれます。
個人的には燐光の地ザトールの夜のBGMが大好きです。

●キャラクター
出てくるキャラクター全てに愛着が沸きます。
一緒に行動する7人の仲間はもちろん、街に住む人々、本来は敵であるはずの機神界のマシーナ、1人1人にストーリーがあり、考えがある。
それをクエストで解決したり本編を進めていくことによってキズナが出来たりより深く関われたり、本来はあまり重要でないはずの住人というものが大事に扱われています。
とても良い。
蛇足ですがコロニー9の居住区の夜にベンチに座っているカップルにも物語があるとは、製作者様には感服致しました。

●サブの豊富さ
ゼノブレイドの特色と言えばクエストやキズナグラムですが、これがメインを忘れてしまうくらいに面白い。
街の人に話しかけてクエストをこなしたり、街の復興を手伝ったり。
クエストでは最初はモンスター討伐やアイテム収集が殆どですが、だんだんと街の人と関係できるようになり、悩みを聞いて、解決し、信用されるようになる。
それが何とも言えないほど楽しいです。
他にもユニークモンスター討伐やコレペディアコンプなどがあり、充実しています。
というわけで熱中度・満足度を満点にさせていただきました。

●フィールド
マップ範囲としては他のゲームとそんなに差異はないと思いますが、なんせ行けるところが多いので広く感じます。
また、普通なら手すりや障害物が邪魔をして行けないようなところからでも移動できたり、もの凄く高い所からのアクロバティックジャンプ、爽快です。
各所にランドマークがあって移動も邪魔くさくないし、経験値も入るので詰んだり疲れてきたりしたら探索して息抜きできます。

ざっとこんなものでしょうか。
もちろん他にも良いところがあるのですが要所を捉えて書きました。

BAD/REQUEST

●カメラワーク
狭い場所や円形の場所に行くと、カメラがグリグリして気持ち悪いです。
特に戦闘している時は敵や仲間が見えない、酷い時には地面しか映らないということが何回もありました。背面攻撃、側面攻撃が重要なシュルクやリキを使ってる時は本当にイライラします。

●メニューやソートの不便さ
メニューやソートが記憶されないので面倒くさい。
例えば、メニューではセーブ・ロードは1番右にあるのですが、メニューを開くと毎回真ん中に選択ボタンがあるのでいちいち右まで行かないとなりません。キズナグラムや装備を確認する時も同様です。ソートに関しても記憶されないので、毎回選びなおさないといけません。
細かい部分ですが、積み重なれば気になります。

●グラフィック
これはBADというわけではありませんが、他の方も仰る通りハード面での限界をみてしまいました。『wii sports』をもう少し作り込んだ感じといえば理解してもらえるでしょうか。
秘境などの高い所から見た景色はまさに圧巻ですが、wiiでなければもっと綺麗だったのでは?と思います。
それからキャラクターのアップの時の顔が、ね…。

COMMENT

やっと1周目を終えたところです。
残念ながらカンストしてしまったので正確な時間はわかりませんが、おそらく110時間程度は遊びました。2週目はやり込みもあるので、もっと時間がかかると思います。とにかく楽しませてもらいました。これからも宜しくお願い致します。

フィールドを探索している時に思いましたが、空を飛べたりジャンプが高くなるようなジェムがあれば尚良かったです。


使用コントローラ→リモコン&ヌンチャク
プレイ環境→32型デジタルハイビジョン液晶TV

   
プレイ時間:わからない(未クリア)
ゆめみにんさん[2010-08-29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: コローニャ レビュー日: 2017-01-20
うさんくさそうなレビューです。
ネタバレはありませんが、どうしても長くなりました。

RPGに必要な要素ってなんでしょう?
広大な世界を巡る冒険? 胸躍る熱いストーリー? 物語を彩る美しいBGM?
魅力的な仲間たちとの絆? 手に汗握る戦闘? 思わずやっちゃうやり込み要素?
・・・ゼノブレイドは、全部ありまぁす!

はるか昔に滅んでしまった、超!巨大な巨神と機神が舞台です。
ここで実験。ちょっとその場に立ってみてください。右足を一歩、前に出しましょう。
そのまましゃがむように腰を落とします。はい!あなたは巨神になりました。
あなたの右太ももの上を、ノミが歩いています。それが主人公たちです!
いかがです?どれだけスケールが壮大か、おわかりでしょう。
主人公の目線になると、遠景には向かい合って立つ機神が、頭上にはその大剣が見えます。
切り立った崖や大きく隆起した地面など、高低差のある立体的な箱庭感が、実にすばらしいんです!

そんな広大なフィールドを、メインストーリーそっちのけで探索!
次はどんなところなんだろう?と、新しい場所に行くたびにワクワクです。
とりわけ落ちた腕ですとか、その最たるものでしょう!
指の先端から風景を見ていると、気の遠くなるような長い年月を感じさせてある種、感動すら覚えます。
フィールドはそれぞれ朝~昼~夜とリアルタイムで変化していますが、
昼と夜とでまったく違う雰囲気になる場所も存在します。
例えば夜のザトール、枯れた木々に光芒が一斉に灯った景色に、僕は一瞬で心を奪われました。
フィールドによっては夕焼けや、雷雨に浮かび上がる機神、幻想的な光芒を包む霧、
橋から望む大瀑布にかかる虹、金色の水晶にふぶく雪といった、ファンタスティックな光景も見られます。
とくにエルト海の流星雨!なんと美しいことでしょう。ぼんやり眺めて気が付いたら朝になっていました!

PS3等でフォトリアルなオープンワールドゲームもプレイしましたが、
ゼノブレイドは現実ではありえない、幻想的な世界を冒険することに、おもしろみがあるわけです。
巨神と機神が作り出す、圧倒的な世界観を。
僕もプレイ中、あちらの世界に行ってみたいと、何度も思いました。
SD解像度だからとか、今さら古いとか言って、プレイしないなんてもったいない!
あなたがRPG好きを自負するなら、ぜひプレイしておくべきです。すばらしい世界が待っています。
え?Wii持ってない?買いましょう! よかった、これで解決ですね。

RPG、特に和製のRPGといえば、ストーリーは非常に大きな要素だと思います。
わかりやすく一言でいいますと、週刊少年うんぬんの漫画のような、熱血ものです。
展開もわかりやすく、それでいて二転三転する物語に、興奮すること間違いなし!
固有名詞乱立でプレイヤーおいてけぼりや、クリアしても謎だらけで考察必至など野暮なことはありません。
ストーリーは監督とアニメ作家の共同執筆で、任天堂スタッフのアドバイスが入るという形が取られています。
また、イベントシーンはその漫画をアニメ化しました、といった感じで、演出が本当に熱い!
一番好きなシーンはやはり、ヴァラク雪山でのダンバンさんの対決と、その後の展開でしょうか。
曲と映像が完璧にシンクロする演出で、これはもう何度見ても飽きません!
ほかにも見どころがたくさんあり、僕は最後まで興奮が抑えられませんでした。
さらにキャラクターグラフィックはマンボ…いえ、ローポリゴンでもじゅうぶん表情豊か。
ストレートなセリフに声優さんのすばらしい熱演もあり、より一層感情移入できます。

テーマは旅立ち、そして巣立ち。古臭く感じるかもしれませんが、世代を超えて普遍的なものでしょう。
高校生や大学生など、親元を離れたり新しい環境へ独り立ちしていく若者向けと思います。
でもオッサンでも大丈夫!
冒険心をかき立てる広大なフィールド探索や、魅力的なキャラクターが織りなす熱いストーリーに、
まるで少年の心を取り戻したかのような、童心にかえった気持ちでプレイできます!
かくいう僕も、ドラゴンクエスト3やクロノトリガーを、
マップすげえ!ストーリーすげえ!音楽すげえ!とプレイしていた当時の自分に、確実に戻っていました。
実はこれが一番、嬉しかったことです。

もうひとつ、ゼノブレイドの大きな魅力に、BGMを挙げたいと思います!
ガウル平原では視界が開けるのと同時に高揚感のあるサウンドが、
燐光の地ザトールではコーラスの入った美しいメロディーが、
エルト海ではその広大な海を思わせるゆったりした曲が、などなど実にバラエティ豊か。
それぞれ昼、夜でも曲調が変わりますし、静かな曲や落ち着いた曲が多いのも個人的にはうれしい。
ギターなどの弦楽器や、ピアノがお好きでしたら、きっとお気に召すでしょう!

とくに帝都アグニラータのBGMは、音楽が感情を持ったかように、心に強く響いてきます。
バイオリンの音色が訴えるように胸に深く入り込んでくるといいましょうか、
ゲームのBGMでこんな気持ちになったのは初めてです。
作曲のみなさんは、RPGのお約束のようなサウンドを崩したかった、とのことです。
どうやら監督から相当なプレッシャーを受けたそうで、彼ら彼女らが本当に心血を注いだ曲だからこそ、
多くの人の心を惹きつけるのだと思います。
フイールドの端まで探索したり、いわゆる絶景スポットを探すのが楽しいのも、このBGMがあればこそ。
一方、戦闘シーンはエレキギターで大白熱&大熱戦です! 穏やかじゃないですね。

主人公のシュルクはお人よしの優等生タイプ、でも熱血漢。
いきなり強いわけではありません。当初の目的は幼なじみの仇討ちですから、それこそ人間らしい。
幾多の苦難の中、運命を変えようと前を向いて進んでいく姿に、多くの方が共感できるでしょう。
それに、仲間みんなに感情移入して、好きになったゲームもめずらしい!
ダンバンさんは格好いいし、カルナは頼れるし、メリアちゃんは凛々しいし。
リキは癒しだし、フィオルンは一途だし、ラインはワイルドダウンだし。

ところで、操作キャラを変えられるのが非常にうれしいところです!
操作キャラを変えるとガラリと戦略が変わりますし、自分で動かせると愛着がわきます。
例えば、ラインなら体力を生かして前線で敵の注意を引き、
メリアちゃんなら補助系のアーツで支援しながら戦況を見る、など。
強い敵と戦うために、キャラの組み合わせや連携を考えながらアーツを組み立てるのも、
時間を忘れるくらいおもしろいのです。

長くていい加減、読むのに疲れてきたと思いますので、そろそろ終わりにします。
イベントごとに街の住人のセリフが毎回変わる、住人にはすべて名前が付いて生活している、
クエストをこなすと住人同士のキズナが広がっていく、選択によって分岐するキズナもある、
ランドマークにジャンプできるので移動が楽、特定の時間だけ光る湖などの細かい演出、
ザコ敵はエンカウントしない、全滅してもペナルティなし、ラスボスより強い敵がゴロゴロ、
戦闘中のキャラの掛け合いが賑やか、キズナトークで仲間の意外な一面が見られる、
悪役がすがすがしいほど悪役、サブキャラクターや敵側にも魅力がある、メリアちゃんカワイイ、
ふつうにプレイしてもクリアまで70~80時間くらい、やり込むと余裕で200時間オーバー、
イベント中以外はいつでもセーブ可能で気軽にプレイできる、2週目は強くてニューゲーム。

なんでこんな世界が、こんな薄っぺらい円盤に入ってるんだ?と、ゲームディスクを眺めてしまう。
作り込みが凄すぎて、もはや書ききれません。
有名なRPGや高評価のRPG、果ては変わり種まで、今まで色々なRPGをプレイしてきました。
しかし社会人ともなると、まともにRPGをする時間なんか取れません。
だから、これが僕がプレイする最後のRPGになってもいい、とさえ思った。

最後に。僕が少年だったら、きっとこう言うでしょう。
ゼノブレイドすげえ!なにがすごいかってとにかくぜんぶすげえ!ゼノブレイドすげえ!

アクセスランキング

大乱闘スマッシュブラザーズX
アクション / 1〜4人用 Wi-Fi、ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:6800
■発売日:2008-01-31

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔
体感アクションRPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2007-07-12

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-
響き合う心を信じるRPG / 1〜4人用 ヌンチャク 対応
■価格:7140
■発売日:2008-06-26

マリオカートWii
アクションレースゲーム / 1〜4人用 Wi-Fi、Wiiハンドル、クラコン、GCコン 対応
■価格:5800
■発売日:2008-04-10

Xenoblade(ゼノブレイド)
RPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2010-06-10

428 〜封鎖された渋谷で〜
サウンドノベル / 1人用 クラコン 対応
■価格:7140
■発売日:2008-12-04

バイオハザード4 Wii edition
サバイバルホラー / 1人用 ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:5040
■発売日:2007-05-31

テイルズ オブ グレイセス
守る強さを知るRPG / 1人用 クラコン 対応
■価格:7329
■発売日:2009-12-10

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
アクションアドベンチャー / 1人用 ヌンチャク 対応
■価格:6800
■発売日:2006-12-02

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
サバイバルガンシューティング / 1〜2人用 Wiiザッパー、ヌンチャク 対応 (エキスパートパッケージ / 8,610円)
■価格:7340
■発売日:2007-11-15

レビュー投稿フォーム

【Wii】Xenoblade(ゼノブレイド)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る