Xenoblade(ゼノブレイド)

発売元: 任天堂オフィシャルサイト 発売日: 2010-06-10 価格: 6800(税込) レーティング: B / 12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 90 Amazon点数: 4.5

スコアーボード

Xenoblade(ゼノブレイド)レビューチャート 標準偏差 13.77 難易度 2.30 mk2レビュー数 114
0%
0-9
0%
10-19
0.9%
20-29
0.9%
30-39
1.8%
40-49
2.6%
50-59
5.3%
60-69
11.4%
70-79
22.8%
80-89
54.4%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 3pt
総合点
90pt

GOOD!

<音楽>
印象に残る曲が多かった。どれも「ゼノブレイド」の世界観に合っていて
戦闘曲、フィールド曲、イベント時に流れるBGMどれも秀逸。
「敵との対峙」「名を冠する者たち」「機の律動」「Beyond the sky」「ガウル平原」
「ザトール/夜」「機神界フィールド」などが特に印象深い

<フィールド、グラフィック>
人物グラが少し気になるがフィールドに関しては良くできていると思う
ガウル平原、夜のザトール、エルト海、雪山、機神界など、その広大なフィールドを練り歩いているだけで楽しい。走り回っていると序盤からいきなりレベル90の強敵に遭遇する事もある
また朝・昼・夜を簡単に切り替える事も可能であり、同じ場所でも時間帯によってまた違った景色を楽しめる。BGMが時間帯によって変わるのも嬉しい

<快適さ>
どこでもセーブ&ロード可能、指定した場所へ瞬時にワープできる点は評価したい。
レベル上げや、クエストのために各地に移動する時に便利である 

<満足度>
ボリュームがかなり豊富 ストーリークリアだけでも長い 
その他クエスト、キズナトーク、コロニー6復興、コレペディア…すべてをコンプするには100時間じゃ足りない

BAD/REQUEST

・グラフィック
フィールドのグラは特に気にならないが(というかむしろ奇麗だと思う)
プレイ中のイベントムービーなどで人物のモデリングがどうしても気になってしまう

・装備品
装備がイベントムービーに反映されるのは良いが、正直デザインが微妙なものばかり
つける装備によってはシリアスなイベンドがシュールになってしまう事もある

その他メニューの読み込みの遅さ、移動の遅さ、レベル差補正、プレイ時間カンスト
カメラワークの悪さなど全体的に満足度はかなり高いが細かい所が気になった

COMMENT

クエストを少しやりつつ各地を周り、ストーリークリアまで90時間ほど
ゼノシリーズをプレイするのは今作が初めて。
評価が良いので手を出してみたがプレイ後の満足度は想像以上のものだった。
良くも悪くも昔のRPGのような懐かしさを感じた。こんなゲームをプレイするのは何年ぶりか
RPGが好きでこのゲームが気になっているという方がいれば、是非手にとって実際プレイしてほしい。

   
プレイ時間:わからない(未クリア)
ホムホムさん[2010-07-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
90pt

GOOD!

◎世界観・フィールド【熱中度2 グラフィックス4】
まず世界観から。2体の巨大な神の身体が冒険の舞台なのですが、まずこの設定が冒険心をくすぐります。実際にプレイすると、その身体ならではの高低さ、起伏に富んだ地形。そこに生きて暮らす人々やモンスターの躍動が画面から伝わってくるような背景グラフィック。秘境探索などの楽しみもあり、昼も夜も自分で好きなように変えられる利便さも良いです。

◎キャラクター・ストーリー
皆それぞれいい味をだしていて、どのキャラも愛着を持てます。敵キャラも然り。
そのためすぐに感情移入でき、自分もパーティーの一員になった錯覚に陥ります。
ストーリーは王道で誰しもが理解できるストーリー。ドンドン先を知りたくなり止め時が見つからない。

◎戦闘
とにかく飽きません。
フィールド画面からそのままシームレスで移行。
通常攻撃はオートでしてくれてプレイヤーは任意のタイミングでスキルを放っていきます。
技はMPなどはなく、一度使うと再び使うまで時間が必要。どのタイミングでどの位置から技を放つか・・・など結構頭を使います。戦闘中に掛け声をかけ合ったりすることで、テンションやパーティーゲージが上昇し優位に運ぶことが出来きますし、何よりよく喋るので戦闘が盛り上がりまくりです。
さらに主人公の能力で未来を視ることができ、敵が放ってくる危険な技を先読みすることでそれを阻止しできます。誰にどのように最悪の未来を変えてもらうか・・・プレイヤーの采配次第です。

◎音楽
手かげてるのは主に下村陽子さんです。過去に聖剣伝説LOMやキンクダムハーツシリーズを手掛けている方なのですが、秀逸です。この曲達もゼノブレイドの主役です。言葉では表現できませんし、きりがありません。公式サイトに行ってください!

◎独特なシステム
キズナというシステムがあり、仲間同士はもちろん町の人ともキズナで繋がっています。
これが深まれば、仲間だったらサイドストーリーが色々見れますし、町の住人だったら新しいクエストが発生したり、彼らのエピソードも見れます。
ただの町の住人で終わらせてないところはさすがです。

BAD/REQUEST

◎ソート機能
他の方々も仰っているようにソートしても一度アイテム画面から出ると入手順に戻ってしまうところが少し煩わしいです。
それとミニマップ。目印となるアイコン(ショップやクエスト依頼)の表示範囲が狭く、ミニマップで確認できる頃にはもう目的地がもう目と鼻の先・・・なんていうのは良くあります。
こういった点で快適さを減点しました。

◎戦闘エフェクトの地味さ
まぁこれは容量を考えると抑えざるを得ないと思います。減点なしで。

キャラクターのグラフィック
PS3やXboxに比べると酷いです。グラフィックス減点2です。
でもまぁやっているうちに慣れてくるレベル。というか、そんなの全然気にならないくらい面白いです。

COMMENT

久しぶりにこんなワクワクするRPGに出会いました。
間違いなく名作・傑作の部類に入ると思います。グラフィックやムービーを売りにして、中身がお粗末なRPGが多いこの時代に「とてつもなく中身のある作品」が遂に現れてくれました。
この日をどんだけまったことか・・・。ゼノブレイドがということではなく、こういうRPGを!
10年前のRPG全盛期に遊んでいた方はもちろん、何より今の世代にやって頂きたいです。

最後に。ゼノブレイドを作ったモノリスソフトさんと任天堂の方に感謝です。
子供心を思い出させてくれました。あの頃の興奮を感動を再び思いださせれくれました。
これからもこういう作品を、一切気取らず、何ものにも捉われず、作っていってください。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
らむねさん[2010-07-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: コローニャ レビュー日: 2017-01-20
うさんくさそうなレビューです。
ネタバレはありませんが、どうしても長くなりました。

RPGに必要な要素ってなんでしょう?
広大な世界を巡る冒険? 胸躍る熱いストーリー? 物語を彩る美しいBGM?
魅力的な仲間たちとの絆? 手に汗握る戦闘? 思わずやっちゃうやり込み要素?
・・・ゼノブレイドは、全部ありまぁす!

はるか昔に滅んでしまった、超!巨大な巨神と機神が舞台です。
ここで実験。ちょっとその場に立ってみてください。右足を一歩、前に出しましょう。
そのまましゃがむように腰を落とします。はい!あなたは巨神になりました。
あなたの右太ももの上を、ノミが歩いています。それが主人公たちです!
いかがです?どれだけスケールが壮大か、おわかりでしょう。
主人公の目線になると、遠景には向かい合って立つ機神が、頭上にはその大剣が見えます。
切り立った崖や大きく隆起した地面など、高低差のある立体的な箱庭感が、実にすばらしいんです!

そんな広大なフィールドを、メインストーリーそっちのけで探索!
次はどんなところなんだろう?と、新しい場所に行くたびにワクワクです。
とりわけ落ちた腕ですとか、その最たるものでしょう!
指の先端から風景を見ていると、気の遠くなるような長い年月を感じさせてある種、感動すら覚えます。
フィールドはそれぞれ朝~昼~夜とリアルタイムで変化していますが、
昼と夜とでまったく違う雰囲気になる場所も存在します。
例えば夜のザトール、枯れた木々に光芒が一斉に灯った景色に、僕は一瞬で心を奪われました。
フィールドによっては夕焼けや、雷雨に浮かび上がる機神、幻想的な光芒を包む霧、
橋から望む大瀑布にかかる虹、金色の水晶にふぶく雪といった、ファンタスティックな光景も見られます。
とくにエルト海の流星雨!なんと美しいことでしょう。ぼんやり眺めて気が付いたら朝になっていました!

PS3等でフォトリアルなオープンワールドゲームもプレイしましたが、
ゼノブレイドは現実ではありえない、幻想的な世界を冒険することに、おもしろみがあるわけです。
巨神と機神が作り出す、圧倒的な世界観を。
僕もプレイ中、あちらの世界に行ってみたいと、何度も思いました。
SD解像度だからとか、今さら古いとか言って、プレイしないなんてもったいない!
あなたがRPG好きを自負するなら、ぜひプレイしておくべきです。すばらしい世界が待っています。
え?Wii持ってない?買いましょう! よかった、これで解決ですね。

RPG、特に和製のRPGといえば、ストーリーは非常に大きな要素だと思います。
わかりやすく一言でいいますと、週刊少年うんぬんの漫画のような、熱血ものです。
展開もわかりやすく、それでいて二転三転する物語に、興奮すること間違いなし!
固有名詞乱立でプレイヤーおいてけぼりや、クリアしても謎だらけで考察必至など野暮なことはありません。
ストーリーは監督とアニメ作家の共同執筆で、任天堂スタッフのアドバイスが入るという形が取られています。
また、イベントシーンはその漫画をアニメ化しました、といった感じで、演出が本当に熱い!
一番好きなシーンはやはり、ヴァラク雪山でのダンバンさんの対決と、その後の展開でしょうか。
曲と映像が完璧にシンクロする演出で、これはもう何度見ても飽きません!
ほかにも見どころがたくさんあり、僕は最後まで興奮が抑えられませんでした。
さらにキャラクターグラフィックはマンボ…いえ、ローポリゴンでもじゅうぶん表情豊か。
ストレートなセリフに声優さんのすばらしい熱演もあり、より一層感情移入できます。

テーマは旅立ち、そして巣立ち。古臭く感じるかもしれませんが、世代を超えて普遍的なものでしょう。
高校生や大学生など、親元を離れたり新しい環境へ独り立ちしていく若者向けと思います。
でもオッサンでも大丈夫!
冒険心をかき立てる広大なフィールド探索や、魅力的なキャラクターが織りなす熱いストーリーに、
まるで少年の心を取り戻したかのような、童心にかえった気持ちでプレイできます!
かくいう僕も、ドラゴンクエスト3やクロノトリガーを、
マップすげえ!ストーリーすげえ!音楽すげえ!とプレイしていた当時の自分に、確実に戻っていました。
実はこれが一番、嬉しかったことです。

もうひとつ、ゼノブレイドの大きな魅力に、BGMを挙げたいと思います!
ガウル平原では視界が開けるのと同時に高揚感のあるサウンドが、
燐光の地ザトールではコーラスの入った美しいメロディーが、
エルト海ではその広大な海を思わせるゆったりした曲が、などなど実にバラエティ豊か。
それぞれ昼、夜でも曲調が変わりますし、静かな曲や落ち着いた曲が多いのも個人的にはうれしい。
ギターなどの弦楽器や、ピアノがお好きでしたら、きっとお気に召すでしょう!

とくに帝都アグニラータのBGMは、音楽が感情を持ったかように、心に強く響いてきます。
バイオリンの音色が訴えるように胸に深く入り込んでくるといいましょうか、
ゲームのBGMでこんな気持ちになったのは初めてです。
作曲のみなさんは、RPGのお約束のようなサウンドを崩したかった、とのことです。
どうやら監督から相当なプレッシャーを受けたそうで、彼ら彼女らが本当に心血を注いだ曲だからこそ、
多くの人の心を惹きつけるのだと思います。
フイールドの端まで探索したり、いわゆる絶景スポットを探すのが楽しいのも、このBGMがあればこそ。
一方、戦闘シーンはエレキギターで大白熱&大熱戦です! 穏やかじゃないですね。

主人公のシュルクはお人よしの優等生タイプ、でも熱血漢。
いきなり強いわけではありません。当初の目的は幼なじみの仇討ちですから、それこそ人間らしい。
幾多の苦難の中、運命を変えようと前を向いて進んでいく姿に、多くの方が共感できるでしょう。
それに、仲間みんなに感情移入して、好きになったゲームもめずらしい!
ダンバンさんは格好いいし、カルナは頼れるし、メリアちゃんは凛々しいし。
リキは癒しだし、フィオルンは一途だし、ラインはワイルドダウンだし。

ところで、操作キャラを変えられるのが非常にうれしいところです!
操作キャラを変えるとガラリと戦略が変わりますし、自分で動かせると愛着がわきます。
例えば、ラインなら体力を生かして前線で敵の注意を引き、
メリアちゃんなら補助系のアーツで支援しながら戦況を見る、など。
強い敵と戦うために、キャラの組み合わせや連携を考えながらアーツを組み立てるのも、
時間を忘れるくらいおもしろいのです。

長くていい加減、読むのに疲れてきたと思いますので、そろそろ終わりにします。
イベントごとに街の住人のセリフが毎回変わる、住人にはすべて名前が付いて生活している、
クエストをこなすと住人同士のキズナが広がっていく、選択によって分岐するキズナもある、
ランドマークにジャンプできるので移動が楽、特定の時間だけ光る湖などの細かい演出、
ザコ敵はエンカウントしない、全滅してもペナルティなし、ラスボスより強い敵がゴロゴロ、
戦闘中のキャラの掛け合いが賑やか、キズナトークで仲間の意外な一面が見られる、
悪役がすがすがしいほど悪役、サブキャラクターや敵側にも魅力がある、メリアちゃんカワイイ、
ふつうにプレイしてもクリアまで70~80時間くらい、やり込むと余裕で200時間オーバー、
イベント中以外はいつでもセーブ可能で気軽にプレイできる、2週目は強くてニューゲーム。

なんでこんな世界が、こんな薄っぺらい円盤に入ってるんだ?と、ゲームディスクを眺めてしまう。
作り込みが凄すぎて、もはや書ききれません。
有名なRPGや高評価のRPG、果ては変わり種まで、今まで色々なRPGをプレイしてきました。
しかし社会人ともなると、まともにRPGをする時間なんか取れません。
だから、これが僕がプレイする最後のRPGになってもいい、とさえ思った。

最後に。僕が少年だったら、きっとこう言うでしょう。
ゼノブレイドすげえ!なにがすごいかってとにかくぜんぶすげえ!ゼノブレイドすげえ!

アクセスランキング

大乱闘スマッシュブラザーズX
アクション / 1〜4人用 Wi-Fi、ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:6800
■発売日:2008-01-31

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-
響き合う心を信じるRPG / 1〜4人用 ヌンチャク 対応
■価格:7140
■発売日:2008-06-26

バイオハザード4 Wii edition
サバイバルホラー / 1人用 ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:5040
■発売日:2007-05-31

Xenoblade(ゼノブレイド)
RPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2010-06-10

マリオカートWii
アクションレースゲーム / 1〜4人用 Wi-Fi、Wiiハンドル、クラコン、GCコン 対応
■価格:5800
■発売日:2008-04-10

ファイアーエムブレム 暁の女神
ロールプレイングシミュレーション / 1人用 クラコン、GCコン 対応
■価格:6800
■発売日:2007-02-22

NO MORE HEROES
殺し屋アクションアドベンチャー / 1人用 ヌンチャク 対応
■価格:7140
■発売日:2007-12-06

Wii Sports
スポーツ / 1〜4人用 ヌンチャク 対応
■価格:4800
■発売日:2006-12-02

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
アクションアドベンチャー / 1人用 ヌンチャク 対応
■価格:6800
■発売日:2006-12-02

テイルズ オブ グレイセス
守る強さを知るRPG / 1人用 クラコン 対応
■価格:7329
■発売日:2009-12-10

レビュー投稿フォーム

【Wii】Xenoblade(ゼノブレイド)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る