パンドラの塔 君のもとへ帰るまで

発売元: 任天堂オフィシャルサイト 発売日: 2011-05-26 価格: 6800(税込) レーティング: C / 15才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 80 Amazon点数: 4.3

スコアーボード

パンドラの塔 君のもとへ帰るまでレビューチャート 標準偏差 10.57 難易度 2.26 mk2レビュー数 23
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
4.3%
40-49
4.3%
50-59
0%
60-69
21.7%
70-79
56.5%
80-89
13%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 5pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
80pt

GOOD!

【音楽】
 このゲームを手に取った最大の理由。クラシック音楽をアレンジしたりメインテーマに据えるのは洋画では常套手段ですが,ビデオゲームで正面から扱ったのは本作で初めて目にしました(無知ですみません)。しかも大好きなF・リストの「愛の夢第3番」が違和感なくアレンジされたオーケストラ調のラスボス曲。鳥肌ものです。音楽の種類はは比較的少なく,印象に残ったのはオープニング(こちらはもしやヴェルディのレクイエムの一節のアレンジでしょうか?)と各ボス曲,ダンジョン曲のみですが,どれも雰囲気に最高に合っていました。
【オリジナリティ】
 固定カメラがどうかなぁー,という印象は拭えませんでしたが,次世代機が次々と高難度で独創的なアクション性を競い合う中,往年のSFC黄金期に育ったオジサンにもやさしいアクション・謎解きでした。さして斬新というわけでは無いですが,鎖一本で出来るギミックは逆に安心感がありました。
 世界観や作品そのもののテーマは非常に良いと思います。特に0号誕生からSエンドへのつながりは,私的にはシンプルでじんとくる話でした。
 一方,掘り下げが浅く不満な点やチグハグな点(パンドラの箱とヴァルハラを同じゲームで同時言及するかなぁ?という感じなど)もありましたが。

BAD/REQUEST

【作業感】
 13本の塔は正直多すぎる,と思う。ボリュームが膨大というわけでなくむしろ昨今のRPGに比べるとやや抑え目くらいなのですが,序盤の5本の塔をコピーした塔が後半次々と登場し,かつギミックも同じ。正直作業感というか水増し感が拭えませんでした。
【ボスのパターン】
 ボス(主)は倒し方そのものはそれほど見つけるのは難しくないのですが,うざいトラップ攻撃を二重三重に仕掛けてくるため,強いという印象より相手によっては理不尽な印象を強く受けます。体力が減少すると本気モードになるものの,攻撃パターンも変わりばえせず,うざいトラップが更にうざくなるだけという感じ。せっかく水のステージがあったのだから,魚タイプの主なども欲しかった。
【世界観・テーマ】
 塔の探索と少女との愛の育成の2本立てゲームというコンセプトが明白なため,本来の世界観の掘り下げが甘く,塔でしばらく遊んだらセレスのご機嫌取りに帰る,というマンネリパターンに繋がってしまいがちでした。事前に聞いてはいたものの,セレスとの会話やイベントは完全にギャルゲーそのもので,塔の探索とのチグハグ感が大きかったと感じます。 

COMMENT

 リモコンヌンチャク,液晶20型にてプレイ。プレイ時間40時間強。

 ゲームバランスは大変いいと感じました。一周目で自分は3回ほど獣化(最後の一回は体液ヌルヌルお掃除モード・・)させちゃいましたが,怒涛の会話&貢ぎ物攻撃で,最後の塔前に9段階目(ほとんどマックスでした)の親密度まで行けました。

 リストの名曲が最高にマッチしたシナリオでした。ゼノブレイドや3Dゼルダ(SS除く)と比較するのはさすがに厳しいですが,それでもちょっとした時間に出来る,十分に満足できる国産アクションRPGという感じです。Wiiを持っていて時間があるなら是非プレイしてみてはいかがでしょうか。

   
プレイ時間:20時間以上30時間未満(未)
鎖ラバーさん[2012-01-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
5pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 3pt
総合点
80pt

GOOD!

『塔での攻略』
塔を進むうえでの敵との戦闘の頻度、そしてある程度頭を使いながら攻略していけるというのはとてもバランスが取れていて楽しみながらプレイすることができました。

『主戦』
主との戦いでは主によってかなり特徴があり武器だけでのゴリ押し、とういか基本剣等は使えず単調な作業にならなくGOOD。このことについてはBADで少し触れます。

『武器の選択』※ネタバレかもしれません
基本使える武器は[両手剣][双剣][鎌]の3つですがそのどれもがしっかりとした短所と長所があり敵によってや移動速度の関係などから捨て武器になるような物がなくバランスがとれていました。

『鎖での戦闘』
ゲームでの重要なアイテムオレイカルコスの鎖を使った戦闘は今まで感じたことがないようなものだったです。敵と敵とを繋げてダメージを両方に与えるや敵を固定物と連結させ行動を止めるなどオリジナリティが素晴らしいと感じました。

『グラフィックス』
キャラクター達はパッケージとはエンデが少々違い違和感がありましたがそれもプレイしていれば気にならなくなります。セレスは本当に可愛かったですね。セレスに関してはこれ以上言うことはないですね。フィールドも攻略していくなかでキレイな出来なので飽きずに攻略できましたね。

『ストーリー』
この物語の展開はとてもうまいと思いましたね。進めていく上で謎が深まったり自分で考察してみたりと色々できましたね。グラフィックスで書いたとおり絵がキレイでセレスが可愛いのでなんとしてもセレスの獣化は防ごうという気持ちにもなりますしね。最後エンディングを見たときは全ての謎が解けてスッキリした気持ちになりました。

BAD/REQUEST

『主戦』
GOODで書きましたが基本鎖での戦闘となるので人によっては違和感を感じる方がいるかもしれません。それでもオレイカルコスの鎖はこのゲームで重要な役割を持っているので大体の方は納得できると思いますが。確かゲーム中でもこのことについては説明があるはずなのでBADに書くほどのことではありません

『鎖での移動』
これはみなさんがうまく書いているので大丈夫かと思いますがどうしてもフックにぶら下がっての方向転換はとても操作性が悪かったです。方向を変えにくいのはもちろん変えたとしてもカメラアングル等でホントにこっちで合ってるのか?という感じになってしまいます。

COMMENT

BADを二つほど書きましたがそれを除いてもとても良い作品でした。
セレスが可愛いおかげでどんどん塔を攻略することができましたね。だからといって当然キャラゲーなんかじゃありませんよ。
wiiでのRPGはこのゲームが最初で不安もありましたが進めていくと買ってよかったなと思える作品でした。
鎖での戦闘は今まで体感したことがないものだったのでそれも相まってとても楽しめました。

ヌンチャク使用

   
プレイ時間:30時間以上40時間未満(未)
ギッシュギッシュさん[2012-01-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon カスタマー レビュー日: 2016-07-03
版権ものばかり作っていたガンバリオンさんが初めて出したオリジナル作品です。任天堂はあくまで販売元であって主な開発はガンバリオンなので、そこは開発スタッフさんたちの名誉のために間違えないであげてください(笑)
この作品は発売当初からずっと気になっていたのですが、Wiiで他に欲しいソフトがなかったため見送り続けていました。しかしいつまで経っても他に欲しいソフトが現れず……とうとうこのソフトをやるためだけにWii Uを購入しました。結論は勿論、思い切って買って良かった!
ちなみに、Wiiリモコンの特性をよく活かした操作方法なだけに、ゲームパッドやクラシックコントローラーでは操作し辛いです。操作できないことはないけど、このゲームの一番の面白さを殺すというマゾプレイにww Wii Uでやるならリモコンとセンサーバーを本体とは別に買わなければいけないので、Wii Uでのプレイを想定している方はご注意ください。

■世界観
ファンタジーに滲む程度のダーク感がとても良いです。説明書のキャラ絵やムービー中に挿入されるイラストなどを見ると、デザイナーさんのセンスの良さがダイレクトに伝わってきます。
私はグロ・スプラッタが全くダメな人種なのですが、この作品のグロさは美しさも孕んでいるので全く怖くないです。画質もWiiクオリティだしね(笑) でも注意喚起しているレビューも沢山あるので、結局人それぞれなのかも。

■シナリオ
他の方もよく言われていますが、ヒロインがとても可愛らしく「この子のために頑張ろう」という気持ちになるので、「妻のために毎日外に出て必死に稼ぎ、でも妻が心配だから急いで帰り、そしてこまめなプレゼントを欠かさない愛妻家の旦那」の気分が男女問わず味わえます(笑)
設定が非常に緻密なのですが、全てが語られることはなく、しかしそれが不快ではなく考察の楽しさを生み出してくれます。Sランクでクリアした後は、是非攻略本やwikiの考察を読んでみてください。

■キャラクター
メインキャラはたったの三人なのですが、全員とても魅力的です。三人だけ(正確には四人だけど)でずっと同じところで暮らしているのに、飽きたり窮屈に感じたりすることはありません。
ヒロインは皆様が言う通りとても可愛いのですが、主人公のエンデも負けてません。無口だし彼だけボイス無しのセリフが間々あるので、恐らく”プレイヤーの器”タイプの主人公として作られたのだと思うのですが、いわゆる無個性主人公とは違って無口さに違和感がありません。無言で顔アップのシーンになると「エンデ今こういうこと考えてるんだろうな~」と自然と想像できて、それが感情移入に繋がります。”プレイヤーが主人公と同じ気持ちになる”のではなく、”主人公がプレイヤーと同じ気持ちでいるように感じられる”というのでしょうか。卵が先か鶏が先かって話になるのですが、後者の方が主人公との一体感が強く、それがプレイしていて心地よかったです。

■グラフィック
SD画質にもかかわらず、一瞬それを忘れて「あっ、ここすげー綺麗!」と感動できるマップが多々あり、細かいところまで作りこまれているのがひしひしと伝わってきます。主人公の装備品やヒロインにあげられるプレゼントなど、別に省いても怒られないし大半の人は気にしないんじゃないかってくらいこまごましたポリゴンまで用意されています。
加えてディティールだけでなく、マップ全体、ゲーム全体の雰囲気がきちんと統一されているのも素晴らしいです。3Dグラフィックでここまで纏まりを持たせるのは、かなり執拗な調整が必要だった筈。今更ながらお疲れさまです。
それだけに、主人公とヒロインの顔が2Dイラストとはやや違うのが残念で仕方ありません。顔の造形は難しいので、普段なら「まあちょっとくらいはね……」となるのですが、マップの完成度が良すぎるあまり、それと比べると及ばない一歩が大きく感じられます。

■アクション
「鎖で戦う」というのが斬新であり、かつ面白い操作感となっています。WiiやDSってハードの機能を活かせてないソフトばかりであまり好きじゃないんですが、この作品はWiiリモコンの性質をとてもうまく利用していると思います。派手にぶんぶん振り回すわけではないのに、Wiiリモコンでないと実現できない操作なんですよね、これが。
私自身は、アクションゲームは中級者といったところでしょうか。そこそこ出来るほうですが、あんまりあれこれアクションがあるとこんがらがってしまいます。なので自分でボタンを割り当てられるゲームなんかだと、使わないアクションは消してしまって、少ないボタンで操作しやすいように変更してしまうようなタイプです。
ですので最初は鎖アクションを覚えるのに苦心しましたが、使える場面になると毎回操作ガイドが出てくるので大丈夫。このガイドがまた絶妙に邪魔にならない。
私は中盤に差し掛かったところで鎖を使いこなせるようになったので、それ以降はむしろちょっと物足りないくらいで、特に第二武器のアクションが少ないことが気になるようになりました。スティックとの組み合わせで武器の振り方が変わるだとか、中盤以降から使えるようになる特殊なコンボや、鎖と第二武器・或いは複数の第二武器を同時に使う合体必殺技みたいなのがあれば良かったな。
あと、鎖でターザンをやる時に、方向転換が上手くいかなかったり、飛びたい方向と逆向きに飛んでしまうことが間々あるのが辛いです。判定どうなっているんだろう……
また、ボスが強すぎるという感想が多いですが、中級者の私には丁度良いくらいでした。各塔には、その塔のボスの倒し方のヒントが落ちているので、難しいと言っている人の中にはそれを拾えていない方もいるかもしれません。余程難しければ攻略サイトを見るのもアリだと思います。謎解き要素がある以上、始終攻略サイトに頼るとつまらなくなってしまいますが、つまずいてイライラするくらいなら頼ってしまうのも手です。

■ダンジョン
私はダンジョンは時間を掛けて隅々まで探索したいタイプなので、最初は引き上げどころを間違えて何度かやばいことになり、制限時間を煩雑に感じていました。が、やばくなること三回目で「どうせまた明日来るんだから、細かい探索は次で良いや」と諦めがつくようになり、それからは危なげなく進められるようになりました。
どの塔も丁度良いタイミングで帰路のショートカットを見付けられる構造になっていますが、これは裏を返すと”まだ少し余裕があっても、ショートカットを見付けたら帰るのがベター”ということです。「向こう側にまだ行っていないからそこだけ確認を……」と欲張ってはいけません。何故なら、「アイテムがあるだけの部屋」というのが殆ど無いからです。「あそこ多分アイテム部屋か行き止まりだから、ちょっと確認だけ!」と行ってしまうと、大概そこが次の道に繋がる仕掛け部屋になっていて、確認だけでは済まなくなってしまいます。
「一つの塔を何日もかけて攻略する」「敵が強いと思ったら一旦クリア済みの塔に戻って回復アイテムと合成素材を溜め込む」という風に、焦らず長い目で見てプレイすれば、アクションが苦手な人でも大丈夫だと思います。セレスのこともあって、早くシナリオを進めたい! と思うのですが、そこはRPGですから。クリア時間はそれなりに掛かるものとして割り切るしかないですね。
しかし、制限時間より面倒なものが一つ……視点移動です。前後左右も容赦なくいきなり切り替えてくるので、慣れたマップでもカメラが切り替わるところは毎回操作しづらいです。致命的とまでは言いませんが、頻繁に起こるので地味に鬱陶しい。しかも、カメラアングルが謎解きのヒントになっている場合もあるので、一概には批判できないのがなんとも;

■音楽
BGMも歌もとても良いです! 数は少ないですが、不思議とあまり気になりません。飽きの来ない良いBGMということですかね。
RPGってシーンごとに逐一BGMが変わるのでとかく曲数が多くて、その分外れ曲も沢山ある(どれもアイデアを振り絞って作った曲だと思うので、こういうことを言うのは非常に申し訳ないんですが;)ものですが、この作品は量より質がスタンスなのかも。全部当たり曲だなあと思います。サントラ、欲しいんだけどなあ……

■その他
ムービーやセレスとの日常会話、塔のグラフィックなど何かと使い回しが多いです。こういうのって気にならない人は全く意に介さないけれど、気になる人はすごく気になりますよね。
塔のグラフィックが似たり寄ったりなのは、世界観とシナリオの謎に関わる部分なのでまあアリとして……ムービーの使い回しはちょっと引くくらい多いですね。多分毎回”律儀に”挟んでるんだと思いますが、ここまで来ると最早「律儀」ではなく「節操がない」(笑)。ワンタッチでスキップ出来るので私はぎりぎり許容範囲内でしたが、もしこれが「イベントシーンをスキップしますか? はい・いいえ」とかって表示されるやつだったらアウトでしたww 紙一重ですw

■総評
アクションの難易度は人それぞれだと思いますが、ゲームオーバーになってもペナルティはなく、直ぐに復活できるチェックポイントも沢山設置されているので、ゲーム自体の難易度はあまり高くないのではないでしょうか。真っ黒な商品パッケージやグロ表現など、パッと見「一見さんお断り」みたいな雰囲気なのに、初心者救済措置が沢山あるのがミスマッチで不思議ですw
文句が一つもないわけではないのですが、かなり少なく抑えられていると思います。ゲームのレビューってよく書くんですが、普段はもっと批判が多くなるので(笑)
何より、ちょっとの文句なんか黙らせてしまうくらいの熱意がこのゲームには込められていると思います。本当に「よく作りこまれている」という言葉がしっくりくる作品です。タグ付けできるなら「もっと評価されるべき」と付けたい……
いつもならちょっと厳しめに☆4にするところなのですが、熱意に負けました。満点を付けさせていただきます!

アクセスランキング

大乱闘スマッシュブラザーズX
アクション / 1〜4人用 Wi-Fi、ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:6800
■発売日:2008-01-31

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔
体感アクションRPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2007-07-12

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-
響き合う心を信じるRPG / 1〜4人用 ヌンチャク 対応
■価格:7140
■発売日:2008-06-26

マリオカートWii
アクションレースゲーム / 1〜4人用 Wi-Fi、Wiiハンドル、クラコン、GCコン 対応
■価格:5800
■発売日:2008-04-10

Xenoblade(ゼノブレイド)
RPG / 1人用
■価格:6800
■発売日:2010-06-10

428 〜封鎖された渋谷で〜
サウンドノベル / 1人用 クラコン 対応
■価格:7140
■発売日:2008-12-04

バイオハザード4 Wii edition
サバイバルホラー / 1人用 ヌンチャク、クラコン、GCコン 対応
■価格:5040
■発売日:2007-05-31

テイルズ オブ グレイセス
守る強さを知るRPG / 1人用 クラコン 対応
■価格:7329
■発売日:2009-12-10

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
サバイバルガンシューティング / 1〜2人用 Wiiザッパー、ヌンチャク 対応 (エキスパートパッケージ / 8,610円)
■価格:7340
■発売日:2007-11-15

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
アクションアドベンチャー / 1人用 ヌンチャク 対応
■価格:6800
■発売日:2006-12-02

レビュー投稿フォーム

【Wii】パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る