マリオパーティ10 レビュー

マリオパーティ10
発売元 任天堂オフィシャルサイト
発売日 2015/03/12
価格 5,200(税込)
レーティング A / 全年齢対象(CERO について)
ショップ/リンク 【 Amazonレビューも参考にどうぞ 】
タギングトップ3
タイトル概要 パーティゲーム / 1~5人用


オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
2pt 4pt 3pt 0pt 0pt 3pt 1pt
総合点
29pt

GOOD!

・ゲームパットを入れると最大5人遊べる。

・ボードゲーム(パーティモード)が個別移動から集合移動(一台の乗り物に乗って全員で同じ場所を移動する。)になった事で、
わかりやすく、テンポ良くなり、遊びやすくなった。

BAD/REQUEST

・ミニゲームがつまらない。(熱中度0)
これがまず致命的。
今までどのシリーズでも「もう一度!」と繰り返しプレーするようなミニゲームが少なからずあったが、今回は無い。
記録を競う(レコードが記録される)ミニゲームが無く、かといって瞬間的に盛り上がれるようなものもない。
どれも似たり寄ったり。
思わず声が出てしまうような熱中性がないし、操作性が微妙で爽快感も無いものばかり。

・とことんミニゲームが無い。(満足度0)
これまでは一人用のミニゲームに、
夢中になってしばらくそればかりするような面白いパズルゲームが必ずあったが、今回は無い。ぷよぷよのボツ案みたいなしょうもないパズルゲームがあるだけ。

・パーティゲームの勝敗は、半分以上サイコロ運。
ミニゲームよりすごろくパートでのスター増減要素が大きい。
集合移動でテンポは良くなったが、その分戦略性は削がれ、より運の要素が大きくなった。

COMMENT

シリーズ全てプレー済み。

あれ?こんなんだっけ?

と言うのが最初の印象。
まずは記録系のミニゲームが無くなった事が大きい。
レコードがつくと、少なからず「ちょっと頑張ってみようかな」という気持ちになるので。

ただ、パーティーゲームの楽しさは本来そこにあるべきでは無いので、
「記録とかじゃなく皆で盛り上がろう」という方向性にするというのはわかる。

問題なのは、「そのくせ、盛り上がるようなミニゲームが何一つ無い」という事。
プライドや理想だけが高くて、実力が伴っていない事。
「レコード性のゲームはそこそこ楽しめる」という、熱中度のセーフティラインを自ら取り除いておいて、
そのまま真っ逆さまに落ちていった感がある。(熱中度0)

目玉としているクッパパーティも、1対3ミニゲームの理不尽バージョンでしかない。
最終的な勝敗はサイコロ目で決まる。

過去のマリオパーティはもちろん、その他パーティゲームシリーズの中でも、群を抜いた面白く無さだった。

友達の家で友達とやる為に購入したが、持って行くのをやめた。(満足度0)

プレイ時間:10時間以上20時間未満(未クリア)
ぶるーつさん [2015/04/07 掲載]

このレビューはオススメ? はい いいえ


← マリオパーティ10のTOPページへ戻る

スコアボード

マリオパーティ10評価ランク
中央値
41
難易度
1.50
レビュー数
2






サイト情報

★ Switch mk2をオープンいたしました。 ★
レビュー投稿お待ちしております。
レビュー更新情報(17/03/28)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/03/05)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (募集開始)
レビュー更新情報(17/03/04)
幻影異聞録♯FE (1件)
レビュー更新情報(17/02/02)
バットマン:アーカム・ビギンズ (1件)
幻影異聞録♯FE (1件)
レビュー更新情報(16/10/24)
ピクミン3 (1件)
マリオパーティ10 (1件)
レビュー更新情報(16/10/22)
幻影異聞録♯FE (1件)
マリオカート8 (1件)