このソフトのレビューを書く

ぼくとシムのまち キングダム

ぼくとシムのまち キングダム
発売元 エレクトロニック・アーツオフィシャルサイト
発売日 2008/10/30
価格 6,090円(税込)
レーティング A / 全年齢対象 (CERO について)
タギングトップ3    
タイトル概要 冒険シミュレーションゲーム / 1人用
ヌンチャク 対応
スクリーンショット
(クリックで拡大)

スコアボード

ぼくとシムのまち キングダム評価ランク
総合ポイント
80
難易度
1.67
レビュー数
3

スコアチャート ぼくとシムのまち キングダムレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
33.3%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
66.7%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
66.7%
【標準偏差】
14.38

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
2pt 3pt 2pt 2pt 3pt 3pt 1pt
総合点
50pt

GOOD!

キャラメイキングで使えるパーツの数は多くないものの、結構かわいい。動きも愛嬌がある。

建築パーツは多すぎず、難しいことを考えずに簡単に作れる。
柵のように連結して使う物やテーブルと椅子のようにセットになっている物は、磁石のように吸い付くのできれいに配置できる。ひとつのパーツを連続して配置するのも簡単。
建物ひとつひとつのクリア条件もわかりやすい。

カメラ操作(リモコン縦持ちでの十字キー)の上下キーがチルトじゃなくズームイン/アウトで、視界が混乱することなく操作しやすかった。

BAD/REQUEST

メインストーリーが何の盛り上がりもないまま終わる。島ごとのストーリーもあってないようなものばかりで、ゲーム全体が小さなサイドクエストを集めたような地味な印象。クエストのバリエーションも少なく、同じようなことの繰り返し。

家具や壁紙などの装飾アイテムはもっと種類があっても良かった。なにより、使いたいと思えるデザインが少なかった。

凝った形の家を建てても2階建てにしても家の内部には反映されず、あらかじめ決められた(?)部屋にしか入れない。

建築アイテムが吸い付くのが不便な場合もあり、少しだけ離して配置したい時などに微調整が効かない。

衣装の一覧性が悪い。着せ替え画面を出入りする時のロードも長め。

COMMENT

全体的に丁寧に作られていて遊びやすかったです。
建物は、建てられるエリアが限られているし、屋根やドアなどはあらかじめデザインされているので、小さなお子さんなどは遊びやすいと思います。一方で、細部を作り込んだり、何かの建物を再現するような凝った遊び方は難しいと思います。

プレイ時間:20時間以上30時間未満(クリア済)
まーぼーさん [2013/11/25 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
5pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
81pt

GOOD!

前作「ぼくとシムのまち」はどうぶつの森のような街や家をデザインしていくゲームでしたが、今度は多くの島をめぐり、住人の悩みを解決しながら建物を作っていくゲームになっています。
前作からの改良点は以下になります。

1)ロードが見違えるほど速くなっている

2)屋外の建造物(橋や階段など)も自由に製作できる
  このおかげで天にも届くような高い塔を作って上ったり、広場にステージを作ったり、
  意のままに建物をデザイン出来る点が非常に楽しいです。
  橋をかけて渡れない対岸に渡るなどの要素も追加されています。

3)エッセンスは巻物(家具)を使用可能にするのに必要になるだけで、製作には必要ない
  家具の配置や建造物の製作にはマナを使いますが、特定のエッセンスは要求されないので
  エッセンス集めで前作ほどの労力を必要としません。

4)ジャンプが追加。建物の作り方によっては2階のベランダにも上がれる。
  島の中には巻物などが隠されており、ジャンプを駆使して探すのも楽しいです

5)風車やモーターで水をくみ上げたり発電したり、起こした電気で電気製品を動かしたり
  といった機能部品が追加されている点。庭でかなり遊べるようになりました。

6)イベントが多い。前作ではやや薄かったキャラクターの個性がかなり濃くなっています。

7)収集要素の増加。フィギュアや花や魚を世界各地で集めます

BAD/REQUEST

巻物を開放するとデフォルトで複数の家具を配置可能になるため、家具の製作の要素はなくなりました。
家の建築ではブロックの大きさは変えられなくなりました。
また、建築、塗装、飾りつけの全てにマナを消費するため、オブジェクトをあまりたくさん配置するとマナ切れになるという問題があります(自分の島ではマナが無制限ですが)
マナは適当に木をゆすったり余っているエッセンスを変換すればすぐに溜まるとはいえ、やっぱり手間はかかります。
自宅の入手が終盤になるというのも地味に残念なところです。

また、シナリオ要素が加わったとはいえ、ストーリー性は皆無で(スターレベルさえ上がっていればイベントはスルーしてもよい)、あくまでアドベンチャーではなくものづくりのゲームである点は前作同様です。

COMMENT

前作の正当進化で(一長一短はあるものの)欠点の多くが改善され、ある意味前作より敷居が低くなっているのに、国内ではあまり売れていないのが不思議なゲームです。

自由度という点では一部前作には劣るものの、屋外建築などでは大幅にやれることが増えています。

パッケージを見て「今度のシムはアドベンチャーかぁ・・・」と敬遠している方がいたら、ぜひ手にとって欲しいところです。
自由な家づくりという基本路線は変わっていないので、前作「ぼくとシムのまち」をたのしめた人なら必ず楽しめる内容だと思います。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
Gさん [2012/11/18 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 3pt 5pt 4pt 3pt 2pt
総合点
80pt

GOOD!

ぼくシムシリーズは初プレイですが、時間が経つのを忘れてどっぷりつかりまくりました!
建物や家具を作る、レイアウトするというシステムが今までにないおもしろさでしたし、何よりシム(住民)たちの動きや表情に癒されます♪
時間帯によってシムたちの行動は変化しますし、自分が配置した家具で行動が変化するのがたまらなくうれしいです。

普段の音楽はそれほど耳に残らないものの、ステレオやギターなどの電気製品から聞こえる音楽はとてもノリノリで、思わずシムと一緒に踊りたくなります(実際にシムたちが踊るのもかわいい)。
服もきぐるみタイプのコスプレから、その土地に合わせた服までいろいろと着せ替えることができるのもいいですね。髪形や髪の色、顔のパーツもいつでも自由に変更できますし。性別も選べますし、声も変えられます!

セーブがとても早いし、ロードも服を着替えるとき以外はほとんど気にならないです。

エッセンス集めは、普通に進めていれば順調に集まりますし、やや集まりにくいものが少しあるという程度なのでバランスが良いと思います。

あれこれと時間をかけて考え抜いた末に注文どおりの建物が完成して、シムたちが拍手と歓声で祝ってくれると本当に達成感があります。

それと、自分が動かす主人公の他にいつも周りにいてくれる(好き勝手行動していますが)シムが二人いるのでさびしくありません。あれこれ家具を配置している間にも、すぐさま配置された家具で遊びはじめる仲間たちにやっぱり癒されます。会話も逐一変化しますし。
これは他のゲームにはない優れた点だと思います。

BAD/REQUEST

謎解きというか、ストーリーを進める際のクリア条件が簡単すぎると感じました。
しかし、中には何を求められているのかわかりづらい依頼もあったので、これぐらいがちょうどいいのかもしれませんが、ちょっと物足りなかったです。
楽しすぎて一気にクリアしてしまいました。もったいない。

建物や家具を取り付ける際、カメラのアングルによって位置がずれやすかったり、なかなか思うとおりに取り付けられないことがあります。よってカメラをぐるぐる回してベストポジションを探さないと後半はつらかったです。
また、近くの視点はよく見えるのですがもっと遠くから眺めることができればよかったなあと思います(完成した建物全体を見渡せるような視点があれば)。

行ける島の数は少なくないが、一つ一つの島が小さい気がする。
そのため島を“冒険する”というほどではない。

COMMENT

まったり系の好きな方や自分で何かを作り上げていくのが好きな方にはとってもおすすめです。
時間に追われるような作業がまったくないので、じーっくり楽しむことができます。
世界もきれいに作られているし、建物や庭を作ったり好きな色に塗ったりする以外にも、ひたすら釣りをしたりシムたちと夜通しダンスパーティーをしたり霊と交信したり…などいろいろ楽しめます!

クリア後もまだまだやれることがあります。でももうちょっとストーリーを楽しみたかったなあ〜。あっという間にクリアしてしまったのが残念です。
日常に戻ってからも、実際の建物の細部や家具の配置を見て、「よし、あれをあそこに付けてみよう!」「あれとあれを組み合わせればあれができるなあ」などと考えるようになりました☆

プレイ時間:20時間以上30時間未満(クリア済)
とむさん [2009/02/18 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ



レビュー投稿フォーム

ぼくとシムのまち キングダム
レビュー投稿フォーム

−レビューを投稿する前に− 

『レビューについて』(別窓)を必ずお読みください

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記掲載基準のご確認をよろしくお願いいたします。

  • プレイしたかどうかを問われるレビューや他の方のレビューに対する意見が大半を占める場合などは不掲載となります。また、「グラフィック」や「熱中度」など点数項目を列挙して、その部分にのみコメントを書かれるのは、レビューされる部分が限定されてしまうためできるだけお控えください。
  • 明らかな誤字や脱字、意味のない著しい改行、“w”や顔文字の多用は当該部分に限り修正させていただく場合があります。なお、それらの修正でレビュー文の趣旨が異なってしまう場合は掲載を見合わせていただいております。ご了承ください。
 「通りすがり」「匿名」「名無し」などは非掲載
(任意)

総評。使用コントローラやプレイ環境なども是非ご記入願います。

点数に関する注意事項
  • 基本は1〜4点となっており、0、5点は特別点でその点に至った説明が必要となります。また、すべて4点や1点などの場合も、相当のレビュー文がなければ掲載を見合わせていただいております。
  • ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断でポイントを付してください。
  • キャラクターが魅力的
  • 萌えキャラがナイス!
  • グラフィックが優れている
  • 中古ショップなどで安価で入手可能
  • ストーリーがよく練られている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • 対戦が燃える!
  • 協力プレイで盛り上がれる
  • 音楽・サウンド効果が優れている
  • 原作物で原作ファンにオススメ
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 残酷な内容…
  • わかりやすい内容・操作性
  • めちゃくちゃ難しい難易度
  • とにかく退屈な内容…
  • このソフトこそ「傑作」にふさわしい!
  • 是非続編を出して欲しい!
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • Wi-Fiとの相性がバッチリ!
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • とにかく簡単な内容
  • 選択しない

−掲載までの日数など−

掲載所要時間(掲載数の少ないタイトルを優先掲載中):通常3〜14日、最新作1〜3日







サイト情報

★ Switch mk2をオープンいたしました。 ★
レビュー投稿お待ちしております。
レビュー更新情報(17/03/28)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/03/05)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (募集開始)
レビュー更新情報(17/03/04)
幻影異聞録♯FE (1件)
レビュー更新情報(17/02/02)
バットマン:アーカム・ビギンズ (1件)
幻影異聞録♯FE (1件)
レビュー更新情報(16/10/24)
ピクミン3 (1件)
マリオパーティ10 (1件)
レビュー更新情報(16/10/22)
幻影異聞録♯FE (1件)
マリオカート8 (1件)